【姉妹サイト】Youtuberまとめブログはコチラ

【初心者向き】TikTokを始める前に読むべき記事

ゆーくん

国内最大級のTikToker情報まとめブログ「ティックトッカーズ」へようこそ!

今回は数百を超える当ブログの記事の中から

  • これからTikTokを始めようと思っている方
  • TikTokを始めたが誰も見てもらえない
  • スマホ以外に必要な機材を知りたい
  • バズる秘訣を知りたい
  • TikTokで有名になりたい

という方向けの記事をまとめてご紹介します。

せっかく投稿するのであれば、少しでも多くの方に見てもらいたいですよね。

少しのテクニックと知識があるだけで、伸び率は激変します。

1記事あたり5分程度で読む事ができますのでぜひ参考にしてください。

ゆーくん

それでは早速本編をどうぞ!

TikTokでバズるために(機材準備編)

TikTokはスマホ一台があれば誰でも簡単に動画を投稿する事が可能です。

しかし荒い画質、ブレた動画、聞こえにくい音声でバズる事は非常に稀です。一発バズったとしてもフォロワー増加にはつながりません。

衝撃映像など、緊急でカメラを回したような映像以外では、最低限の機材を準備し、動画のクオリティを上げる事が重要です。

また機材を揃えるとはデジタル製品だけを指しません。自分のキャラ作りに活きるようなもの、例えば

  • 衣装
  • ぬいぐるみや覆面など小物
  • ロゴ、イラスト

などを用意する事で、視聴者の認知を獲得する事ができます。

撮影そのものの品質を上げる事、そして視聴者に認知されるために必要なモノ、について解説した以下記事をぜひご覧ください。

【最新】TikTokで使える撮影機材まとめ【コスパ重視】

TikTokでバズるために(ジャンル設定編)

特に活動初期は、投稿に一貫性がある方が伸びやすいです。フォロワーも獲得しやすいでしょう。

例えば当ブログではTikTokで人気の動画をこのようにジャンル分けしています。

  • エンタメ
  • スキルアップ/学習
  • 料理
  • 音楽
  • 芸術
  • スポーツ
  • 美容
  • ファッション
  • ペット
  • 雑学

エンタメ系で人気があるジャンルは

  • モノマネ
  • ゲーム実況
  • あるあるネタ
  • 一発芸
  • フリップ芸、イラスト芸

あたりが人気です。モノマネでゲーム実況、イラストであるあるネタなど複合技でバズっているアカウントもたくさんあります。まずはジャンルを定め投稿を重ねて行きましょう。

各ジャンルで人気のティックトッカーの動画、そして隠されたテクニックについて徹底解説したこちらの記事で、ご自身の方向性を固めてください。

【最新】 人気TikToker(ティックトッカー)からバズる方法を学ぶ

TikTokでバズるために(知識編)

TikTokの最大の特徴である「おすすめ機能」

他の動画アプリと異なり、TikTok利用者のほとんどが「見たい動画のキーワードを検索」を利用しません。AIが自動的に選んだおすすめ映像を一度に数十個、流し見する、といった使い方をしています。

つまり「いかにおすすめにピックアップされるか」が勝負の世界です。

どのような基準でおすすめ映像が選ばれているか、明確なルールが公開されている訳ではありませんが、これまでの傾向からおおよその予想がついています。

バズる基準や仕組みについては必ず事前に勉強し、投稿に活かしましょう。

【最新】TikTok(ティックトック)でバズる方法、バズる基準

TikTokでバズるために(機能編)

極論、TikTokでバズる動画は

  • 面白い動画
  • 衝撃的な動画
  • 癒される動画
  • かっこいい、可愛い動画

の四種類に分類できます。

イケメン、可愛い女の子はぜひ「かっこいい動画、可愛い動画」でバズるかどうか、挑戦していただきたいです。

その際、人気のエフェクトを必ず使用しましょう。

現在のTikTokにおいて無加工、エフェクトなしの顔面アップ自撮り動画がバズる事は非常に稀です。

人気の曲、人気のエフェクトにあわせて美男子、美少女がダンスやリップシンク動画を撮影すれば、バズる可能性大!

これからTikTokを始める方はどのようなエフェクトあがるのか、一度ご自身のスマホで仮撮影して試してみましょう。

人気のエフェクトについてはコチラにまとめておきました。どこかでみた事があるエフェクトも多いと思います!

【最新】TikTokで人気の盛れるエフェクトまとめ

TikTokでバズるために(BGM編)

TikTokで投稿する上での重要な要素として「BGM」選定が挙げられます。

基本的には投稿時、画面上のトレンドカテゴリーに入っている曲を利用すべきですが、流行り廃りの流れが早すぎるためすぐに動画の鮮度が落ちてしまう、といったデメリットもあります。

そこでオススメなのが「ボカロ曲」の利用です。

有名な「千本桜」が発表されたのはなんと2013年。年を取らず、活動休止もなく、日々新曲をリリーズする初音ミクを初めとするボーカロイドの楽曲は通常の曲と比較し古臭く感じにくいというメリットがあります。

カラオケ人気曲の「シャルル」や一躍大人気となった「グッバイ宣言」は今でもたくさんのティックトッカーが利用しています。

コチラの記事では特にTikTokでの利用率が高い人気ボカロ曲をまとめております。

おしゃれな曲、泣ける曲、ダンスにぴったりな曲など様々なジャンルの中からお気に入りの一曲で投稿をはじめてみましょう!

【2022年1月最新】TikTok(ティックトック)で人気のボカロ曲まとめ【VOCALOID】

TikTokでバズるために(参考資料)

いよいよ最後です。

ここまで様々な情報をお届けしましたが、最後は成功者から学びましょう。

完全なるパクリはNGですが、いかなる業界でも先駆者の成功ポイントを模倣する事は鉄則です。

当ブログで紹介したティックトッカーのうち「フォロワー数が50万人以上(凄い)」のアカウントをまとめました。

ただ眺めるだけではなく

  • サムネイルの作り方
  • コメント欄の動き
  • 動画時間
  • BGMの選定方法
  • カメラの動かし方
  • 使用エフェクト
  • 字幕の入れ方、タイミング
  • 冒頭の挨拶

あたりに注目してみるとためになると思います。

【2022年最新】大人気TikToker(ティックトッカー)まとめ【フォロワー50万人以上】

【初心者向き】TikTokを始める前に読むべき記事まとめ

いかがだったでしょうか。

情報盛りだくさんでお届けしましたが、みなさまのお役に立てましたでしょうか。

TikTokはひと昔前まで、10代の若者がなんでもない動画を投稿するだけ、といった印象でしたが、今やオリンピック金メダリストから大企業の社長までが利用するモンスターアプリに成長しました。

利用者が多いという事はそれだけでチャンスです。

一例を挙げると

TikTokの投稿が、あのディズニー関係者の目に留まり音楽業界へデビューを果たした「清水美依紗」さん↓

Tiktoker”ティックトッカー”まとめ【清水美依紗(Miisha Shimizu)/シンガー】

TikTokで世界中にフォロワーを獲得し、言語不要の笑いで日本一に輝いた「じゅんや」さん↓

Tiktoker”ティックトッカー”まとめ【Junyaじゅんや/体当たり芸】

 

オリジナルの料理動画がめざましテレビで取り上げられ一躍人気者になった「大陸パパ」さん↓

Tiktoker”ティックトッカー”まとめ【大陸パパ/塩の人モノマネ料理】

などTikTokで夢を掴んだ方は数え切れません。

みるだけでも楽しいTikTokですが、ぜひ投稿者側に回っていただき、いつかこのブログで取り上げさせていただく日を楽しみにしています!

(※この記事を読んで一定以上のフォロワーを獲得したティックトッカーの方で掲載希望の方は、ぜひお問合せよりご連絡下さい。厳正な審査の上ご紹介記事を投稿させていただきます!)

ゆーくん

それではまた次回の記事でお会いしましょう。