電子書籍好評発売中!!

Tiktoker”ティックトッカー”まとめ【WoWキツネザル/環境系雑学】

Tiktoker”ティックトッカー”WoWキツネザルとは

  • アカウント名はWoWキツネザル【ID】@wowkitsunezaru
  • エンターテイメントで地球を救う
  • 環境系エンターテイナー
  • どうぶつや自然にまつわる雑学を披露
  • 楽しく地球環境を学ぼう

Tiktoker”ティックトッカー”WoWキツネザルはこんな方にオススメです

  1. 地球環境味に関心がある人
  2. 自然が好きな人
  3. 動物好きの人

オススメTikTokランキング3選!!

@wowkitsunezaru

地球のために何かしたいと思うキミへ #またなヒーロー #tiktok教室 #動物 #雑学 #sdgs

♬ オリジナル楽曲 – WoWキツネザル🦸🏻‍♂️🌍🦸🏻‍♀️ – WoWキツネザル🦸🏻‍♂️🌍🦸🏻‍♀️

地球のために何かしたいと思う君へ

ゆーくん

出来ない事を数えるより、出来ることを継続しよう。簡単な事でも、続けることが一番難しいですよね

@wowkitsunezaru

今からできる地球を救う方法 #またなヒーロー #tiktok教室 #動物 #雑学 #sdgs

♬ オリジナル楽曲 – WoWキツネザル🦸🏻‍♂️🌍🦸🏻‍♀️ – WoWキツネザル🦸🏻‍♂️🌍🦸🏻‍♀️

検索するだけで植林事業に参加出来る「エコシア」

ゆーくん

45回検索で1本植林できる。お金もかけずに地球の事を想う。最高ですね

<blockquote class=”tiktok-embed” cite=”https://www.tiktok.com/@wowkitsunezaru/video/6935345433858313474″ data-video-id=”6935345433858313474″ style=”max-width: 605px;min-width: 325px;” > <section> <a target=”_blank” title=”@wowkitsunezaru” href=”https://www.tiktok.com/@wowkitsunezaru”>@wowkitsunezaru</a> <p>博物館でヒーローになれる雑学「世界にはどれくらいの生き物がいるの?」<a title=”またなヒーロー” target=”_blank” href=”https://www.tiktok.com/tag/%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC”>#またなヒーロー</a> <a title=”tiktok教室” target=”_blank” href=”https://www.tiktok.com/tag/tiktok%E6%95%99%E5%AE%A4″>#tiktok教室</a> <a title=”動物” target=”_blank” href=”https://www.tiktok.com/tag/%E5%8B%95%E7%89%A9″>#動物</a> <a title=”雑学” target=”_blank” href=”https://www.tiktok.com/tag/%E9%9B%91%E5%AD%A6″>#雑学</a></p> <a target=”_blank” title=”♬ オリジナル楽曲 – WoWキツネザル🦸🏻‍♂️🌍🦸🏻‍♀️” href=”https://www.tiktok.com/music/オリジナル楽曲-WoWキツネザル🦸🏻‍♂️🌍🦸🏻‍♀️-6935345407153212161″>♬ オリジナル楽曲 – WoWキツネザル🦸🏻‍♂️🌍🦸🏻‍♀️</a> </section> </blockquote> <script async src=”https://www.tiktok.com/embed.js”></script>

博物館でヒーローになれる雑学

ゆーくん

世界には175万種類の動物がいて、見つかっていないものを含めると約1300万種になるとのこと。見つかってない生物の多さがヤバイ

まとめ

今回は白塗りの顔面のインパクトが抜群!ためになる地球環境雑学を届けるティックトッカーをご紹介しました。

あの独特なメイクも「少しでも見た目で興味を持ってもらい、普段地球環境にまつわる話を聞かない層にもアプローチしたい」との想いがあるそうです。

近年更に地球環境の悪化が叫ばれています。全ては美しい地球があっての生命。皆で少しでも意識を傾けていきましょう。

関連商品


ゆーくん

絶滅を面白おかしく取り扱っていますが、まずは興味関心を持ってもらうという意味では非常に意味のある一冊、というかややこしい話抜きにめちゃ面白いです!

次回もこうご期待ください!!